雇用保険法等の一部を改正

 

1.雇用保険料率改正

  • 平成22年4月1日より下表の通り改定となります。
  • 新保険料率は、平成22年度概算保険料から適用となります。
  • 平成21年度の確定保険料は、現行の保険料で計算します。

雇用保険料率(/1000)

 事業の種類

 平成22年3月31日以前

平成22年4月 1日以降

 一般の事業

11(4)

15.5(6) 

 農林水産業、清酒製造の事業

13(5) 

17.5(7) 

 建設の事業

14(5) 

18.5(7) 

※(   )内は被保険者負担率分

 

2.被保険者の適用範囲の拡大

【旧】  ●6ヶ月以上の雇用見込みがあること

     ●1週間の所定労働時間が20時間以上であること

    ↓↓↓

【新】  ●31日以上の雇用見込みがあること

     ●1週間の所定労働時間が20時間以上であること

 

3.雇用保険に未加入とされた者に対する遡及適用期間の改善

【旧】  事業主から雇用保険被保険者資格取得届が提出されていなかったために、雇用保

     険に未加入とされていた方は、被保険者であったことが確認された日から2年前ま

     で雇用保険の遡及適用が可能

    ↓↓↓

【新】  事業主から雇用保険料を天引きされていたことが給与明細等の書類により確認さ

     れた方については、2年を越えて雇用保険の遡及適用が可能

 ※ 施行日以降(公布日(平成22年3月31日)から9ヶ月以内の政令で定める日)となります。

   

 

〔関連リンク〕

厚生労働省ホームページ