@中小企業緊急雇用安定助成金

  • 現下の厳しい経済情勢の中でも従業員の雇用維持に努力する中小企業事業主を支援するための助成金です。
  • 休業等(休業及び教育訓練)又は出向を行った事業主に対して、休業手当、賃金又は出向労働者に係る賃金負担額の一部を助成するもので、失業の予防を目的としています。

 

【支給内容】

 休業等(休業及び教育訓練)  出向

・休業手当又は賃金相当額(1人1日)×5分の4

1人1日当たり雇用保険基本手当日額の最高額(平成21年8月1日現在 7,685円)が限度となります。)

・教育訓練は上記に加えて訓練費として、1人1日当たり6,000円を加算

 ・ 出向元事業主が負担した賃金相当額×5分の4

 

中小企業定年引上げ等奨励金

※平成25年3月31日にて中小企業定年引上げ等奨励金は終了しました。 

「65歳以上への定年引上げ」、「定年の定めの廃止」「希望者全員を対象とする65歳までの継続雇用制度を導入」をし、6ヶ月以上経過した中小企業主に対し、導入した制度等に応じて一定額が支給されます。

すでに60歳に近い従業員を雇用されていて、定年延長や定年廃止を考えている事業主様にとっては非常に魅力的な制度です。

 

《65歳以上への定年引上げまたは、継続雇用の導入》

従業員数 受給額

1〜9人

20万〜80万円

10〜99人

30万〜120万円

100〜300人

40万〜160万円

 

《中小企業定年引上げ等奨励金制度ご案内 平成23年4月》

 

STEP1

雇用保険被保険者300人以下である。

STEP2

60歳以上で雇用保険加入期間が1年以上の従業員が1名以上いる。

STEP3

就業規則等で64歳以上の定年又は継続雇用の導入をしている。

または、従業員が10人未満のため就業規則等を作成していない。

 illust1429.png

申請できる可能性があります。お気軽にご相談下さい!!

社会保険労務士

大羽労務管理事務所

下関市千鳥ヶ丘町19-26

083-248-0903

 

 

B介護未経験者確保等助成金

  • この助成金は、介護業務の未経験者の確保と定着の促進に取り組む事業主の方を支援することを目的としています。
  • 経験のない介護従事者の雇い入れ(1年以上継続して雇用することが確実であると認められる場合)をする事業主を支援する助成金です。

        

【支給額】

助成対象期間(1年間)の

助成額

支給対象期(6ヶ月間)

ごとの助成額

 50万円まで

 第1期25万円
 第2期25万円

 

C実習型雇用助成金

  • 人材を育成し、雇い入れる事業主を支援する助成金です。
  • 「緊急人材育成・就職支援基金」により、新規成長・雇用吸収分野等において、非正規労働者など十分な技能・経験を有しない求職者を実習型雇用により受け入れる事業主の方に対して支援をし、求職者の円滑な再就職と中小企業等の人材確保を促進するものです。

      ※実習型雇用とは・・・
    原則として6か月間の有期雇用として求職者を受け入れ、実習や座学などを通じて企業のニーズにあった人材に育成し、その後の正規雇用へとつなげていくものです。

【支給内容】

 実習型雇用助成金
  (実習型雇用により求職者を受け入れた場合)
 月額10万円
 正規雇用奨励金
  (実習型雇用終了後に正規雇用として雇い入れた場合)
 100万円
 教育訓練助成金
  (正規雇用後にさらに定着のために必要な教育訓練を行う場合)
 上限50万円